伊藤 肇

いとう はじめ
Hajime Ito
北海道大学大学院工学研究院
教授
計画 A02代表
A02-01 研究代表者

専門分野有機化学・錯体化学

ドミノ型相転移ソフトクリスタルの機構解明と新機能創成

キーワード
ドミノ型相転移、ソフトクリスタル、金錯体、結晶ジャンプ
関連する研究者
研究分担者: 石山竜生(北海道大学大学院工学研究院、准教授)
研究分担者: 関朋宏(静岡大学理学部、講師)
研究協力者: 久保田浩司(北海道大学大学院工学研究院、准教授)
研究協力者: 陳旻究(北海道大学化学反応創成研究拠点 (WPI-ICReDD)、特任助教)

研究概要

分子ドミノ型相転移化合物は、結晶に与えたわずかな機械的刺激が分子に伝わることで相転移がスタートし、それが自己複製的なメカニズムで増幅され、自発的に結晶全体に広がることで、結晶のバルクの性質を大きく変化させるという特徴がある。本研究代表者は、「分子ドミノ型相転移」や「外部刺激によりジャンプする結晶」のバリエーションを数多く開発し、それらの性質を詳細に分析することで、現象の基礎原理解明と、一般化の達成と材料デザイン手法の開発を目指す。具体的な研究内容は(1)ドミノ型相転移が進行する結晶の分子バリエーション作成と現象解明(2)ドミノ型相転移を利用したナノ構造を内包した結晶性材料の作成と機能開発(3)光誘起結晶相転移と瞬間的な機械力発生機構の解明と機能化である。分子ドミノ型相転移化合物のもつ「マクロの刺激が分子に伝わる」あるいは「分子のミクロな構造変化が結晶のマクロな性質を左右する」という特徴は、これまでは研究対象にできなかった「マクロとミクロの直接相関」に重要ないとぐちを与える。

ドミノ型結晶相転移の分子モデル
微小な刺激により結晶の発光色が変わり(青から黄色)全体に広がる様子

代表的な研究業績

  • Mechano-Responsive Luminescence via Crystal-to-Crystal Phase Transitions between Chiral and Non-Chiral Space Groups
    Jin, M.; Seki, T.; Ito, H. J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 7452–7455.
    DOI: 10.1021/jacs.7b04073
  • Luminescent Mechanochromic 9-Anthryl Gold(I) Isocyanide Complex with an Emission Maximum at 900 nm after Mechanical Stimulation
    Seki, T.; Tokodai, N.; Omagari, S.; Nakanishi, T. ; Hasegawa, Y.; Iwasa, T.; Taketsugu, T.; Ito, H. J. Am. Chem. Soc.  2017, 139, 6514–6517.
    DOI: 10.1021/jacs.7b00587
  • A Screening Approach for the Discovery of Mechanochromic Gold(I) Isocyanide Complexes with Crystal-to-Crystal Phase Transitions
    Seki, T.; Takamatsu, Y; Ito, H. J. Am. Chem. Soc.  2016, 138, 6252–6260.
    DOI: 10.1021/jacs.6b02409
  • Controlling Mechano- and Seeding-Triggered Single-Crystal-to-Single-Crystal Phase Transition: Molecular Domino with a Disconnection of Aurophilic Bonds
    Seki, T.; Sakurada, K.; Ito, H. Angew. Chem., Int. Ed.  2013, 52, 12828–12832. (VIP paper)
    DOI: 10.1002/anie.201307672
  • Mechanical stimulation and solid seeding trigger single-crystal-to-single-crystal molecular domino transformations
    Ito, H.; Muromoto, M.; Kurenuma, S.; Ishizaka, S.; Kitamura, N.; Sato, H.; Seki, T. Nature Commun.  2013, 4, Article number: 2009.
    DOI: 10.1038/ncomms3009

研究業績

種別

関連ウェブサイト
連絡先
hajito [at] eng.hokudai.ac.jp